加圧トレーニングは関節への負担がとても低いので、関節痛でお悩み方もまずはご相談ください。

炎症や外傷などによって関節部に痛みが生じる、つらい関節痛。
関節痛の予防と対策でポイントになるのは、関節を支える筋肉の強化と、十分な可動域の確保です。

加圧トレーニングは、低い負荷で関節まわりの筋肉を鍛えられる理想的なトレーニングメソッド。
いつまでも健康的で美しい身体を保つためにも、関節痛でお悩みの方は、専門のトレーナーまでご相談ください。

こんな方は要注意!関節痛を起こしやすい3つのポイント

関節と関節の間にある「軟骨」は、関節にかかる衝撃を和らげたるクッションや、関節を滑らか動かすオイルのような役割を果たしています。

加齢や肥満、そして運動不足で、日常的な負荷が重なると、軟骨は次第にすり減り、変形していきます。
すると、過剰な負担が間接にかかり、痛みや動きの制限が起こるのです。

関節痛は、ひじや手の指、腰、ひざに多く見られます。
特に、全身の体重をつねに支え続けているひざは、関節痛の症状が顕著にあらわれやすいポイントです。

若く健康な頃は感じなかった自分の体重も、衰えはじめた関節には大きな負担になります。
歩きはじめに、ひざに痛みを感じたら要注意!
関節をかばって歩く機会が少なくなると、関節を支える筋肉が弱まり、さらに関節痛が進む悪循環を起こしかねません。

関節痛を起こしやすい、3つのタイプをチェックして、早めに予防と対策をおこないましょう。

【運動不足の方】

関節の周囲にある筋肉は、関節が変形するのを守る役割をもっています。
加齢や運動不足で筋肉が弱まると、関節にかかる負担が大きくなり、関節痛に多く見られる「変形性関節症」を起こしやすくなります。

【肥満ぎみの方】

全身の体重は、日常的に膝の関節に大きな負担をかけています。
歩くときの関節にかかる荷重は、安静にしている時の数倍。体重が1kg増えるごとに、3~5kgの負荷がかかると言われています。

【O脚の方】

O脚は、日本人の7割以上が該当すると言われています。関節の内側に負荷が偏るため、軟骨の摩耗や関節の変形が起こりやすいタイプです。

低負荷・短時間で取り組める加圧トレーニングで、関節まわりの筋力と柔軟性をアップ!

関節痛の予防と対策で大切なのは、3点です。

・関節を支える、周囲の筋肉を鍛える
・かたまった関節を柔らかくして、可動域を広げる
・正しい姿勢を保ち、体重を支えやすいバランスを整える

低い負荷、短い時間で効率よく関節まわりの筋力アップができる「加圧トレーニング」は、関節痛でお悩みの方にとって、理想的なトレーニングメソッドです。

『加圧ビューティーテラス』では、加圧トレーニングに加えて、体の柔軟性を保つストレッチや、身体の歪みを整え、美しくバランスのとれたボディを作る美容矯正のコラボレーションメニューをご用意。
専門のトレーナーがマンツーマンでカウンセリングを行い、お客様の体調にあわせて無理なく取り組める、ダイエット&トレーニングメソッドをご提案させていただきます。

弱りがちな筋力を鍛えながら、健康的なボディラインを目指すビューティーコラボレーション。関節痛でお悩みの方も、是非一度お気軽に『加圧ビューティーテラス』までご相談ください。

加圧トレーニング体験・キャンペーン一覧ページへ
加圧トレーニングサロン店舗一覧ページへ