短時間で効果が出る加圧トレーニングのルール

短時間で効果が出る加圧トレーニング

加圧トレーニングは、その負担の少なさから誰でも気軽にはじめられるトレーニング方法として知られています。しかしその扱い方にはいくつかのルールがあり、あらかじめ知っておく必要があります。

専用ベルトの使い方

加圧トレーニングには、専用のベルトを使用して圧力を掛けることになりますが、強く締めすぎないことが大切です。また、両腕または両足いずれかへバンドを巻くにとどめ、両方を同時に巻いてはいけません。

肌がかぶれてしまうため、地肌へ直接ベルトを巻かないようにしましょう。かならず薄手の軽い衣類を着用した上から巻くようにします。

加圧トレーニングにおいて、圧のコントロールはとても重要です。専門のトレーナーが毎日変わる適正圧をチェックしつつ、トレーニング中も反応を見ながら進めることになります。そのため、加圧トレーニングは「グループトレーニング」ではなく、トレーナーとのマンツーマンが基本となっています。

加圧トレーニングは、なぜ短時間で効果が現れるのか?

筋肉には「速筋」と「遅筋」とがあります。速筋を鍛える場合には、重たいおもりを持つなど、負荷の高い運動が必要であり、遅筋を鍛えるには、長時間の運動が必要となります。

加圧トレーニングでは、一時的に血行を遅くすることで、筋肉に「激しい運動を長時間行なっている」と勘違いさせることができます。これにより、短時間なのに長時間運動したような効果を得ることが可能なのです。

もちろん筋肉への血流量を低下させているため、このまま長時間過ごすことは勧められません。長くても20分程度、初心者ならば5分程度で圧を緩めることになります。加圧後には成長ホルモンが多く分泌されるため、その後の運動でも効率よく鍛えることができます。

類似品にご注意?

インターネットで加圧トレーニングについて調べてみると、トレーニング用のベルトとして販売されている商品は多く、簡単に手に入ることがわかります。

ここまでご覧いただいた通り、加圧トレーニングはしっかりした調整が必要なものであり、有資格者による指導を徹底しなければならない決まりとなっています。類似品のベルトなど多く出回っているため、特に注意が必要です。

必ず専用のベルトにて、資格を持ったトレーナーから圧を調整してもらうことが大切です。加圧ビューティーテラスでは、適切な圧に設定したうえで、常にトレーナーとのマンツーマンで運動していただくことになるため、安全にトレーニングに集中することができます。

加圧トレーニング体験・キャンペーン一覧ページへ
加圧トレーニングサロン店舗一覧ページへ