第11回 お肌のシンデレラタイムって本当にあるの?

肌トラブルのない健康的で美しい肌を保つためには、日頃のスキンケアも大切ですが、栄養バランスの良い食事や規則正しい生活も重要なポイントです。

特に、睡眠不足はクマやくすみ、にきびや肌荒れなどさまざまな肌トラブルを引き起こす原因と
なります。
美肌のためには良質な睡眠が欠かせないと言えるでしょう。

「夜10時に寝るのが大切」と言われても……

 

お肌にとって睡眠が大切だという話は、おそらく女性なら誰でも聞いたことがあると思います。

よく言われるのが、「夜の10時から2時は肌のシンデレラタイム、美肌のためにはこの時間に眠るのが大切」という説。

でも、仕事や家事、育児などで忙しい毎日、「夜10時に寝るなんて現実的に無理!」という方がほとんどではないでしょうか。
この時間帯に眠れないと肌に良くないのでしょうか?

シンデレラタイムは何時に寝てもやってくる!

 

結論から言えば、夜10時にベッドに入ることができない方も心配はいりません。シンデレラタイムなんてないのです。
いえ、厳密にいえば、シンデレラタイムと何時に寝るかは関係ないのです。

そもそも夜10時から2時に眠ることが肌に良いと言われるようになった根拠は、肌のターンオーバーを促す「成長ホルモン」の分泌が盛んになるのがこの時間帯だからというもの。

でも、これは夜10時頃に就寝するのが一般的だった時代のこと。

近年の研究の結果、成長ホルモンの分泌が盛んになるのは、時間帯ではなく、就寝から最初の3時間ほどの深い眠りの時であることがわかっています。

つまり、お肌のシンデレラタイムは、何時であるかに関わらず「眠り始めの3時間」であると
言えます。
この時間にぐっすりと質の良い眠りを取ることが肌にとって大切だということです。
 

質の良い睡眠のためのポイント

 

何時に寝ても大丈夫なら、忙しい人でも一安心。
だけど、なかなか寝付けず浅い眠りだったり、すぐに目が覚めてしまったりとこの時間にきちんと眠れないとしたらシンデレラタイムを生かせていないことになってしまいます。

ぐっすりと眠るためには以下のような点を意識してみましょう。

・食事は就寝2時間前までに
食後2時間ほどは、消化のために胃腸の働きが活発になります。就寝の直前に食事を摂ると、
睡眠中にも内臓は消化のために働き続けることになり、眠りが浅くなってしまいます。

食事はなるべく就寝の2時間前までに摂るようにしましょう。
どうしても寝る直前に食事を摂る場合は消化の良いものを軽く食べるようにすると良いでしょう。

・ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる
身体の内部の体温は、日中は高く夜は低くなるサイクルがあります。
体温が下がり始めると眠くなり、上がり始めると目が覚めやすくなるのです。

体温が下がりきらないと眠りが浅くなり、夜中に目がさめやすくなってしまいます。
就寝の2時間ほど前にぬるめのお湯にゆっくりと浸かって全身を温めておくことで、
徐々に体温が下がって深い眠りにつきやすくなります。

・寝る1時間前にはテレビやPCを消す
テレビやPC、スマホなどの画面から発せられる光は思いのほか強く、
脳を覚醒させる働きがあります。
就寝1時間ほど前からはなるべく見ないようにすることでリラックスして眠れます。

忙しい生活の中では、こうしたポイントをすべて押さえるのもなかなか難しいと思いますが、
できることから気をつけて少しでも良質な睡眠を得られるようにしていきたいですね。

加圧トレーニング体験・キャンペーン一覧ページへ
加圧トレーニングサロン店舗一覧ページへ